main content start

Opera - FW21

形を成す芸術、蝶に変わり初めて羽を広げるさなぎ。 2021年秋冬の「Opera」コレクションでは、人間の創造性と自然の素晴らしさを通して、時の経過、生命力の伝達、日々の再生といった概念を表現しています。

すべての編み目の背後で、伝統を守る姿勢と美しさへの愛が融合し、革新への扉が開かれます。絶え間ない進化の中でひとつのストーリーを物語る深い情熱があるからこそ、創造性とクラフツマンシップが共存することができるのです。

自然は、すべてのクリエーションを刺激する養分であり、それをもとに進化を遂げることで昨日とも明日とも決して同じではない形が生み出されていくのです。

この永遠のサイクルの中で、メタモルフォーゼの魅力は私たちに感動を与えてくれます。その段階的な進化のプロセスを通じて、それぞれの作品に込められた魂、そして繊細な芸術性がゆっくりと解き明かされていくのです。

バレリーナという仕事において、物事はとても早く進んでいきます。そんな中、私が最も愛することは、若者たちが自ら向上していけるように愛情を伝えることです。

Opera FW21

ビデオの主役である、スターのアリス・ルナヴァンとプリマバレリーナのオニール八菜が、ダンスを上品に隠喩しながら、彼女たちが考えるメタモルフォーゼについて語ります。